虫歯に気づいたら歯医者に行く

抜かなくても良いように

抜いて治療しなければいけない

通常は、歯を削って治療するのが一般的です。
しかし悪化した虫歯はそれでは間に合わないと判断されて、歯を抜かなければいけないかもしれません。
大人の虫歯が悪化すると、自分の歯を失います。
そのように怖いリスクがあるので、早期発見と早期治療を意識してください。
ですがいきなり歯を抜こうとする歯医者は信用できないので、歯医者の治療方針を調べてから利用しましょう。

歯を削るだけでは対応できない場合の最終手段として、歯を抜くと覚えてください。
歯を抜くと、周囲の歯に負担を与えたり神経を傷つけたりするリスクがあります。
口内の別の病気に発展することも多いので、できるだけ歯を抜かないで治療できるよう早く虫歯に気づきましょう。

代わりの歯を埋め込む

失った歯をそのままにすると、汚れやバイ菌が奥まで入り込んで病気の原因になります。
食べ物を噛む時も悪影響を与えるので、代わりの歯を埋め込まなければいけません。
その時に入れ歯や差し歯、インプラントという方法が使われることが多いです。
入れ歯は料金を安く済ませることができますが、毎日消毒しなければいけません。
怠るとバイ菌が大量発生するので、口内環境が悪化します。

管理に手間が掛かるので、最近はインプラントを選択する人も増えています。
インプラントは本物そっくりの歯を埋め込むので周囲から歯を治療したと気づかれにくいですし、普段の歯磨きだけで良いので管理が非常に楽です。
ただ治療費が高額で、10万円ほどになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る